<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日、お天気がよかったので、じまこちゃんとワンコの散歩に行った。

白いホワイトテリアがじまこちゃん宅のLoLoで、黒いのが我が家のCalmar。

カナル・サン・マルタンに落ちそうになってるのは~ 

はい、Calmarです。
何度もダイブしそうになっておりました・・・泳げる自信がおありかね?

落ちるCalmarと追いかけるLoLoと見つめるじまこちゃんの図
b0125993_2201671.jpg


そして帰りにカフェで一杯。
最近白ビールにはまっている私は、この一杯がたまらなく好きだ。
が、基本酒は弱い。

平和な一日でございました・・・
[PR]
by a33-caline | 2009-08-26 02:38 | 散歩道
行ってみました、マルシェ・ラスパイユ☆

BIO専門のマルシェ。

前から気にはなってたけど、実は初めて。
なぜなら、日曜日の朝しかやってないから。毎週やってるって思うとなんだか自分に甘えて起きれない・・・
ってことで、しょこちゃんと待ち合わせをしてみた。

色んな野菜や果物、乳製品やチーズなどがあって楽しい。
置き方は相変わらず適当な感じがフランスだな。
b0125993_157772.jpg



野菜も果物もプリップリしてて、色もキレイでどれもこれも美味しそう☆

しかーし、

やっぱり高い。

オーガニックやから、高いとは聞いていたが・・・なるほどね。っといったお値段だ。うん。
いつも買ってる近所のマルシェと比べると・・・3倍はしてるな。多分。
なぜなら我が家の近所は野菜が安いので有名なところだから。
もちろん愛用。家計に優しいし。

でも、本当はBIO商品が大好きだ。
BIOのものだけ食べて過ごすのが夢だ。遠い夢だ・・・そうだ夢だ・・・

この肉が気になって気になって・・・すっごいいいニオイがしてた~☆
(あ、気分ね。嗅覚ほとんどないから(笑)
b0125993_0115573.jpg




そして今日の私のヒット商品はこちら☆
b0125993_0153699.jpg



昔っからイチヂクが大好きで大好きで、今でも日本に帰ると食べたいものリストに上がる。
気持ち悪がられるくらい食べる。

ずっと前にパリで食べたイチヂクは、あまり味がなくてそーとーーガッカリした。
何度かトライしたが、全然美味しいのにあたらなかった。
パリ在住十数年のお友達にその話をすると、「こっちのイチヂクはサラダとかに使うと美味しいよ」と言われた。

なんと!そんな使い方があるのか!と感動。彼女が作るイチヂクの入ったサラダはものすごく美味しいのだ。
でも、結局私は作ったことがない。いつもドレッシングの味が中華になってしまうからだ。
どーーも洋風のサラダを作るセンスがないらしい(笑)


久しぶりに出会った美味しいそうなイチヂク☆
お店のお兄さんに「試食してもいいですか?」と聞くと、軽く「どうぞ」と。

あれ?試食用の小さく切ったのとか・・・ないな~と思って、おそるおそる
「これ・・・?」(じゃないよね?と思いながら)
と、丸いイチヂクを指差すと、「そう」と普通に返事が返ってきた。

考えられん・・・下手したらお腹がいっぱいになる大きさだ。
とか思いながらも、しっかり試食。

劇ウマ。

即買い。

一キロ12ユーロ。普段なら考えられないお値段ですが(笑)
パリに住んで初めて出会った美味しいイチヂクにテンションが上がりましたね~私ったら。

ミントティーもすごく美味しかった。

近くのルクサンブール公園のベンチでイチヂクをかじる女2人。
b0125993_0164164.jpg




b0125993_0171492.jpg




お天気最高。

そして、ぼ~っと考えた。
リンゴとかバナナを外で食べてる人は見かけたことあるけど、イチヂクってあんまいないよな~。

ぼ~

夢のBIO生活・・・

ぼ~
[PR]
by a33-caline | 2009-08-24 02:47 | 日記
お友達の紹介で知り合ったあきさん☆

メイクさんと一緒に、7月の結婚式のヘアメイクのお手伝いをさせていただきました。

髪型は、リハーサルをして一緒に考えました。

彼女の希望は、

三つ編みか、編みこみを前髪につかう。
基本はすっきりさせたい。
彼女のお友達が作ったお花と羽のヘアアクセサリーをつける。

メイクはナチュラルでメイクさんにおまかせで。

へアクセサリーがとてもインパクトがあるものだったので、ヘアもすっきりした感じで少しボリュームをもたせました。
前髪に付け毛で三つ編みをつけました。
(旦那様が気に入ってくれたみたいでよかった!)

仕上がりはこんな感じに。
幸せなお写真を何枚かいただきました☆



b0125993_4152195.jpg





b0125993_4154665.jpg





b0125993_4161156.jpg



写真はどれも楽しそうでした!

花嫁さんは、この結婚式の一日が最高に楽しくて、笑顔笑顔笑顔☆で、できあがった写真は口がほとんど開いている!
という話を何度か聞いたことがある。
彼女も言っていました☆

私は、その話を自分の結婚式の前に聞いていて、無理やり口を閉じようとしたら、鼻の下が延びて唇が広がった写真がいっぱいだ。

結果、口はおもいっきり開けてわらっていいのだ(笑)

あきさん、旦那様、ご結婚おめでとうございます!
[PR]
急にカヌレが食べたくなった!

のが、既に19時過ぎ。

カヌレならやっぱり「LEMOINE」だ!
と、思っている私。
20時までしか開いてないので、まず電話であるかどうか確認。
無事残っていたので取り置き。

店内で気になったカヌレ形のアメをついつい手にとったら・・・

買ってしまった。(ダイクハラさんが)

かわいい。。。

b0125993_0241374.jpg




カヌレも美味しくいただきました~。

b0125993_0263950.jpg




もちろんCALMARは食べてません。
すごくいいにおいがするから、めちゃくちゃ見つめてきたけども。
その視線を無視するのは辛いですけれども!

ちなみに、結構前に「LEMOINE」の日記も書きました☆

アドレスはこちら。

74 rue St-Dominique 75007 Paris

ダイクハラさんや、ありがとう。
[PR]
by a33-caline | 2009-08-18 19:26 | 日記
日曜日、お天気がよかったので、久しぶりにヴァンヴの蚤の市に行ってきた。

おじさんが陽気にピアノを弾いていた。
b0125993_354830.jpg


いや~、相変わらず楽しいけど少々高いね、ここは。

蚤の市って、値札がないものは結構その場で値段を付けている。(と、思う)
安くていい掘り出し物を見つけるぞ~と思って、頑張ってガラクタの中から好みの物を探して、「これ、いくら?」と聞くと、びっくりする値段を言われたりする。

「絶対私が日本人でフランス語片言やから高く言ってるな」
と思って、ふーんと言って立ち去ろうとするとすかさず「じゃぁいくらでいい」と、平気で3分の2に値下げしたりするのだ。
こういう人の所では、よっぽどほしくないと買わない。だって悔しいし(笑)

とりあえず、ちょっと高いなって思うと一回値段交渉してみるが、駄目な時は駄目なので、それでもほしければ買う。

いつも思うけど、値下げしてくれるのはやっぱりオヤジが多いな。
ニコニコして「ちょっと値下げしてくれますか?」と言うと、多少の値下げを聞いてくれる確立は高い。
エロオヤジの場合は、こちらがアジア人(日本人かな?)だとベタベタ触ってウインクしてくることがある。(と、思う)
「キミはラッキーだよ~、いい買い物だよ~」なんて言いながら。
そこまで言われたら、安くしてくれるのか?と思い、ちょっと耐えてから値段を聞くと、時に「ふざけんなよこの野郎・・・」ってお値段の場合もあるので注意が必要だ(笑)

「~にしてほしい」との質問には
「これはすごくいい物なんだよ~」もしくは「ビズしてくれたら安くしてあげるよ~」などなど、回答はさまざまだ。
そうなると完全に触られ損だ。もういらね~よ!クソオヤジめ。そして馬鹿な私、と反省。
はい、次次~っと。

ほしい物は、だいたい女の人がやっているお店に多いので、なかなか値下げ交渉は難しい場合がある(笑)
やはり、女がほしいものは女の人がセレクトしたものなのかな~なんて感心しながら、いったん考えて、ほしければ買う。

夫婦でやってる店だと、ちょっともめたりすることもある。

オヤジ 「○ユーロでいいよ」

マダム 「何言ってるのよ!△ユーロよ!!」

オヤジ 「いいじゃないか~」

マダム 「ダメ!△ユーロ!」 

みたいな。
「オヤジ頑張れ~」なんて思うが、だいたい奥さんの意見が通るのだ。この場合は諦めるしかない(笑)

もちろん、ステキなムッシューもマダムもいる☆
いろいろ説明してくれたり、おまけをつけてくれたり。
(ぶっちゃけ、説明とか難しい単語が多いから、あまりわかってないことが多いけど)
とにかく感じのいい人達は笑顔がステキだ!

そんなこんなで、今日の収穫は

キーホルダー達
b0125993_0302766.jpg




アクセサリーのパーツ達
b0125993_0304641.jpg


でした。


やっぱり蚤の市は楽しい。
心踊りますな。
[PR]
by a33-caline | 2009-08-17 15:20 | 日記
かわいすぎやろ。

薬局の入り口で、飼い主を待つワンコ
ちゃんとジーーっと待ってるの!飼い主のことチラチラ目で追いながら。。。かわいすぎる~!
b0125993_0335517.jpg




美容室の前で悪態ついてるワンコ
小さいくせに貫禄ある~。いっぷくしてるみたい。
b0125993_0342336.jpg




パリのわんちゃん達は、本当におりこうだな~と、つくづく思う。
めちゃくちゃでかい犬でも放して散歩してるし、ほえないし、じゃれてても飼い主の一声で飛んでいくし。

ただ、そこまでしつけるならウンコさんは拾ってほしいなって思うけどね(笑)

たまに「牛の糞か!?」みたいなの落ちてるし・・・
[PR]
by a33-caline | 2009-08-15 19:16 | 散歩道


この絵
b0125993_0384598.jpg



彼女が書きました
b0125993_038242.jpg



そして今日はお好み焼きフェットでした
b0125993_0373093.jpg



美味しくできました☆
[PR]
by a33-caline | 2009-08-13 04:09 | 日記
に、行こうと思ったら、残念がらちょっとお天気が悪かった。

みんなで水着きて、気分だけでも泳ごうよ~☆
なんて言ってたのに、水着着てたの4人中私だけだった。
別にいいけどさっ

ってことで、Canal Saint Martin (カナル・サン・マルタン)沿いをお散歩に変更。
歩いているうちにだんだん雲が青空が見えてきた☆
b0125993_332219.jpg



ちょっと不思議な絵を発見。モナリザ潜る?
b0125993_0405416.jpg



途中、HOTEL DE NORDにあるカフェでちょっと一杯。。
b0125993_0413694.jpg



よく歩いた一日だった。
[PR]
by a33-caline | 2009-08-11 03:25 | 散歩道
最近借りた本

ヘアセットのお仕事で知り合った方が書かれている本で、その名も

「パリ犬物語」

少し古い本らしいのだが、パリで犬を飼ってる私としては、ものすごく惹かれる題名だ。
b0125993_0443183.jpg



私が読んでる足元で、「俺もかまえ~」的な顔をしているウチのワンコ(Calmar 約4歳)
b0125993_0451369.jpg


この本、おもしろいです。
私は「なるほどね~、反省・・・」ってなる部分が多かった。為になるし、びっくりするし、笑えるし、とにかく、犬を飼う前知識が甘かったな~と、反省した。


そしてそして、その方が最近出された本があるそうだ。その名は

「パリジャンは味オンチ」
b0125993_22121771.jpg


これまた惹かれる題名だ。
書かれている方がおもしろいので、間違いなくおもしろいと私は思っている。
残念ながらパリで買うと割高なので、日本で買おう(笑)

これからパリに旅行を考えてる人や、パリに住んでて「パリ好きだけど、ちょっとイメージと違うとこも・・・」と、思っている人にお勧めらしいです。

ぶっちゃけ、ステキな所だけど、いいとこばっかではないパリが書かれている。
(らしい。けどまだ読んでないから(笑)

そんなに分厚い本ではないので、本をあまり読まない私でも楽しく読めそうな、今お勧めの一冊です☆
[PR]
by a33-caline | 2009-08-08 22:30 | 日記
えーっと、前回の日記に書いた通り、

私、グミ食べて銀歯取れました。

銀歯が取れたということは?そうです、神経むき出しです。

冷たい物を飲んだら~

キーーーンッ 

暑いものを飲んでも~

キーーーーーーーーンッ

食べ物がちょっとあたっても~

キーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッ

激痛です。
もう無理です。限界です。

ってことで、日本人の歯医者に片っ端から電話をしまくる。
が、やっぱりどこもバカンスなのか、応答せず・・・

M氏に何度も「近所の歯医者行ったらえーやん、どっこも変わらんって。」と言われたが、フランス人の先生をどうしても信用することができなかったのだ・・・しかも歯医者・・・日本でも行きたくないのに!

しかーし、やっと繋がった歯医者は予約が1週間以上先になるという・・・

切羽詰った私はSOSメディカルというところに電話をした。(してもらった。)
なんとか次の日の予約が取れたが、確実にフランス人の先生だ・・・。怖い・・・怖すぎる・・・

フランスの歯医者といえば、

●保険がきかない (フランスの保険をまだ持っていないから)
●とにかく高いというイメージ 保険がきかないから)
●周りに行ったことがある人が少ない(ようは未知の世界だ)
●なにより、言葉がほとんどできないから、いつもみたいに適当に「うんうん」言ってたらとんでもないことになりそうだという不安・・・
●そして、痛い!以外の表現方法がわからない!
 例えば、「ズキズキ痛い」とか「キンキン痛い」とか「ちくちくする」とか・・・日本人なら言いたいよね~

そんな不安要素をかかえてでも、歯医者行きを決意せざるをえなかったこの状況・・・早く楽になりたい!

そして当日を迎えるが、どうしても不安が拭えない私・・・ってことで、困ったときのM氏です。引き連れて行きました。
女30歳、一人で歯医者も行けない駄目子です。笑われてもいい・・・なんと言われようと、あの地獄のような場所(イメージ)に一人で行く勇気がなかったっ

ドキドキしながらインターフォンを押す。

と、なんと、とーーてもかわいい、いかにもフランス人って感じの金髪クルクルヘアの男の子が迎えてくれた。
テンション上。
とりあえず、予約名を確認してもらい待合室へ。
第一関門クリア。

ドキドキドキドキ・・・
とにかく先生がどんな人なのか・・・どんな治療されるのか・・・いくらかかるのか・・・

待ってる間、「受付の男の子かわいかったな」というと、「息子ちゃう?」とM氏。
なるほど。それなら先生も男前なのか?なんて思いながらも緊張がほぐれない。

そして名前を呼ばれる。更にドキドキが増すっっ
チラッ・・・私の動揺を察知してか、M氏も一緒に診察室へ。

中に入ると、とても優しそうなおっさん(おじ様)がニコニコしていた。ちょびっとホッとした瞬間だ。
が、確実にさっきの受付の彼が歯医者の息子ではないことが判明した(笑)

外人慣れしている先生だったのか、とてもゆっくり質問してきてくれた。
が、とにかく歯医者という空間だけで、いつもの倍以上のテンパり具合に仕上がってる私は、「ばー、ブープベー・・・」とか言いながら銀歯を見せることしかできなかった・・・

先生はすかさずM氏の方を見る。明らかに「彼女よりは話せるからここにいるんだよね?」という感じだ。
(まぁ、これは単なる被害妄想やけど)
あまりの私のフランス語の酷さに「何言っちゃってんの?」的な顔をしながら状況を先生に伝えるM氏。
私ときたら、それにウンウン頷くことしかできないくらい動揺していた。歯医者とは恐ろしい所だわ~まったくね~
(言い訳)

そして治療はものの5分で終了。

「他に痛いところはあるの?」と聞かれたから、とりあえず気になるところを調べてもらったが、異常ナシ。

受けた印象は、日本に比べて治療がとにかく雑だ(笑)
他の歯を調べることもなく、銀歯が取れた歯を消毒するでもなく、そのままボンドみたいなのでポイッとくっつけて終わり。
それでも、これで食べたいものが食べられるのだ!

診断書を書く先生・・・鼻毛がすごいよ・・・

治療費を払い、先生に最上級の笑顔とありがとうを伝えて帰る私(たち)。
決して安くはなかったけど、この安心感には変えられないな!

ってことで帰りにスタバでキンキンに冷えたカフェフラペチーノをがぶ飲みしてやったわぃ!

皆様、歯はお大事に~
私は当分グミとキャラメルは食べられませ~ん。



ちなみに今回の歯医者さんのアドレスはこちらです。
受付の男の子、かわいいです(笑)

36 Boulevard Haussmann 75001 PARIS 5eme étage
[PR]
by a33-caline | 2009-08-07 06:31 | 日記